ヴァイオリン&ピアノ デュオリサイタル

            

  寺西一巳(ヴァイオリン)   村上杏(ピアノ)


<日時>
2016年7月10日(日) 開演14:00 (開場13:30) 
<演奏曲目>
W.A.モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 第25番 ト長調 K.301(293a)
J.S.バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第4番 ハ短調 BWV1017
R.シュトラウス/ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18


<出演者プロフィール>
寺西一巳(ヴァイオリン)
 京都市立芸術大学音楽学部卒業、1990年渡欧、ウィーン国立音楽大学に入学。
ヴァイオリンをクラウス・メッツル、ヨーゼフ・ヘルの両氏に師事。1993年オーストリア・
チロル州立インスブルック交響楽団に入団。在団中オーケストラ活動の他、室内楽、CD録音
等でも活躍。1998年の帰国後は、ピアノに小林道夫氏迎えてのリサイタルを始め、関西を中心に
ソロ、室内楽を、またテレマン室内管弦楽団のソリスト、コンサートマスターや大阪交響楽団、
中部フィルハーモニー交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、アンサンブル神戸のゲスト
コンサートマスターとして招かれるなど多岐にわたり活動。近年はアンサンブル・アルビレオ、
尼崎市民交響楽団の指揮者としても活動している。現在までに、ヴァイオリンを岸邊百百雄、
東儀祐二、久合田緑、澤和樹の各氏に、室内楽を上村昇、亀田美佐子の各氏に師事。

村上杏(ピアノ)
  岐阜大学教育学部音楽教育講座卒業。第18回万里の長城杯国際音楽コンクール第5位入賞。
第17回長江杯国際音楽コンクール第6位入賞、入賞者披露演奏会に出演。岐阜県教育委員会主催
国際文化交流事業において、ヴァイオリニストのヴィエラ・エレトヴァ氏と共演し、岐阜県内の
小中学校及び高等学校での演奏会に出演。岐阜県山県市主催「第8回花咲きコンサート」において、
モーツァルトのピアノ協奏曲をオーケストラと共演。若手音楽家による演奏会「クラシック・ショコラ」
を2006年から毎年、企画・出演。ぎふ・プラハ音楽院セミナーにおいて、プラハ音楽院教授 ミラン
・ランガー氏のマスタークラスを受講するなど奏法の研鑽にも努めている。現在、岐阜バッハ合唱団、
合唱団「ぎふコール・マミー」のピアニストを務める。八幡育子、大久保恵理子、讃岐京子、石川ひとみ
の各氏に師事。


会場:三甲美術館大広間(常設展示室)
入場料(入館料込み):予約 2,000円


 ※未就学児のご入場は不可。
 ※全自由席です。
 ※館内でのご飲食・喫煙・写真撮影はご遠慮下さい。
 ※お車は、坂の上の第2駐車場をご利用下さい(無料70台)。

ご予約・お問い合わせ
TEL:090-5115-6624 村上までご連絡下さい。

※ご予約は三甲美術館でも受付いたします。
 TEL:058-295-3535 FAX:058-232-5130
 ご予約の際は、お名前・人数・電話番号をお伝え下さい。
後援:岐阜バッハ合唱団

公益財団法人三甲美術館
〒502-0071 岐阜県岐阜市長良福土山3535
TEL:058-295-3535  FAX:058-232-5130