フランス絵画展
 
期間:2008年9月10日(水)〜2008年12月15日(月)
 
 19世紀末から20世紀前半にかけて、フランスを中心として
輝かしい美術が咲き誇りました。近代洋画の幕を開く役割を
果たしたフランスの印象派や、のちには、エコール・ド・パリ
と呼ばれる一連の個性的な画家たちが登場し、互いに影響
を受けながら素晴らしい芸術を創り出していきました。
 本展では、所蔵品の中から、フランス印象派の一人である
ルノワールの作品をはじめ、エコール・ド・パリの寵児となっ
た藤田嗣治、フランスに憧れを抱き渡欧したその他の日本人
画家の作品等をご紹介します。
 

* 常設展示室では、ルノワール「坐せる浴女」のほか、
  国内外の洋画、日本画、茶道具などを展示します。
 


 
 オーギュスト・ルノワール 『裸婦』
 



梅原龍三郎 『カンヌ』

 
休館日:毎週火曜日(火曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館)
開館時間:午前9時〜午後5時
観覧料:一般1,200円[1,000円]/高・大学生800円[600円]/
     小・中学生600円[400円]
     各お飲み物付
     ※[ ]内は前売・20名以上団体料金